街角の無料Wi-Fiや充電サービスを使う前に知っておきたい危険性

絶叫 トラブル

me.png
こんばんは「おれんじ」です。

最近は、街のあちこちにスマホでつかえる無料サービスがありますね。

Wi-Fiスポットや充電ステーションのメリット・デメリット・危険性について書いて行きます。

無料サービスの目的

店舗や施設が無料サービスを提供するのは「集客アップ」「顧客満足度アップ」が目的です。

設置する事によって足を運んでもらったり、滞在時間を長くしてもらおうという事ですね。

無料Wi-Fiスポット

インターネットにアクセスするための無線LAN・Wi-Fiスポットは総務省も注目している設備です。

地方自治体に事業費の一部補助も行い、エリアを拡大しています。

<総務省> 地方自治体における公衆無線LAN整備について

メリット

無料Wi-Fiスポットのメリットは「パケット代が掛からない」ことです。

動画などデータ量が多い通信をするときでも、Wi-Fiならパケット代を気にせずに利用できます。

パソコンなら外出先でインターネット接続できるだけでもメリットがありますね。

デメリット

スマホは一度接続したネットワークを覚えていて、そのネットワークが見つかると再接続する機能があります。

パスワードの再入力は必要なく、自動で再接続してくれるので自宅の無線ネットワークではとても便利です。

外出先のWi-Fiスポットではデメリットになります。

ネットワークが見つかると不安定な状況でも接続してしまい、結果まともに通信ができないといった事がおきます。

これはスマホが信号強度(RSSI)を基準に接続を判断しているからです。

信号の安定性は、信号とノイズの比率(SNR)で判断する必要があるのに、そうなっていないのです。

必要なとき以外はWi-Fi設定をOFFにしている人も多いですよね。

危険性

無料で公開されているという事は誰でもアクセスできるという事です。

悪意あるユーザーによって傍受・盗聴される危険があります。

最悪なのは、悪意あるユーザーがニセモノのアクセスポイントを持ち込んだ場合です。

接続先の名前とパスワードを本物のアクセスポイントと同じにしておき、誤って接続した人の情報をごっそり奪うことができてしまいます。

Wi-Fiスポットには危険があるという事を覚えておいてください。

クレジットカード番号など重要な情報の入力は、自宅など信頼できるネットワークで行いましょう。

無料充電サービス

ここで説明するのはコンセントを開放しているという事ではなく、設置型充電端末に関してです。

街角で無料充電できる端末なのですが、見たことがあるでしょうか。

メリット

外出先で一番困るのが「バッテリー切れ」です。

充電するにも充電器も持ってきていない。

そんなときに頼りになるのが公衆の充電サービスです。

USBの端子もついているのですぐに使用できます。

デメリット

充電サービスのデメリットは「充電中はスマホを使えない」です。

この手のサービスは盗難防止のため、充電中はカバーをロックします。

コインロッカーの中にあるような状態なので使用できません。

危険性

スマホの充電は、データ通信用のUSB端子を使用します。

「無料で充電していいですよ」といっているUSB端子が出ている端末の中身は信頼できるでしょうか。

スマホをつなごうとしているUSB端子の先に悪意あるパソコンが隠されていたら、どうなるでしょう?

悪意あるプログラムがインストールされたり、データが窃取される可能性が潜んでいます。

接続する端末が信頼できるか、あらかじめ調べておいた方が良いです。

外出する際は充電アダプターを持っていき、コンセントを使用できる施設を利用する方が危険を回避できます。

もしくはモバイルバッテリーを携帯することですね。

おわりに

いかがだったでしょうか。

無料という響きで判断を誤らないようにしたいですね。

「安全な使い方を理解しているか」「本当に信頼できるサービスなのか」しっかりと判断して利用しましょう。

スマホは重要な個人情報の塊ですからね。

このページの本文で紹介した記事




トラブル
楽天ポイントの計算って分かりづらいですよね?

「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのかわかりづらいですよね?

本ブログでは、検索結果の商品一覧に「購入時に付与されるポイントを差し引いた金額」を表示することで、実質価格がひと目でわかる楽天検索ページを公開しています。

検索結果からは、そのまま楽天の商品ページに移動できるようになっていて、Amazon検索も可能なので、ぜひ利用してください。

おれんじあんてな