【root化もPCも不要】Androidでスクリーンショット禁止を回避してキャプチャを取得する方法【悪用厳禁】

撮影禁止 IT系

me.png
こんにちは「おれんじ」です。

「スクリーンショットの作成はアプリまたは組織で許可されていません」

Androidスマホでスクリーンショットを撮ろうとしたら、このようなメッセージが表示されて画面キャプチャが取得できなかった経験はないでしょうか。

例えばテレビや動画配信系アプリなどでスクリーンショットを取得しようとした場合などに表示されますよね。

これはアプリ側で著作権の侵害などの不正利用がされないようにスクリーンショットの取得を抑止しているためです。

このスクリーンショット取得の禁止制御を回避して、画面キャプチャを取得する解決方法はあるでしょうか?

結論からいうと、端末のOSバージョンがAndroid 9であればアプリで禁止されていてもスクリーンショットを撮ることは可能です。

この記事では、アプリで禁止されたスクリーンショットを取得する方法を紹介します。

OSバージョンがAndroid 9であれば、端末のroot化もパソコンも必要ありませんよ。

一般的なスクリーンショットの取得方法

通常、Androidのスクリーンショットは、[電源ボタン] と [音量ダウンボタン]の2つのキーを同時に押すことで画面キャプチャを取得することができます。

しかし、アプリ側でスクリーンショットの取得を禁止されていると「スクリーンショットの作成はアプリまたは組織で許可されていません」と表示されて画面キャプチャを取得できません。

screenshot_error

スクリーンショット禁止のエラー

Googleアシスタントでスクリーンショット取得する

一般的な方法では撮れない画面キャプチャを取得するには「Googleアシスタント」を利用します。

Googleアシスタントにスクリーンショットの取得をお願いすることで、アプリ側の抑止制御を回避して、禁止されたスクリーンショットを取得することができるんです。

実際にスクリーンショットを禁止しているアプリの画面キャプチャを取得した画像がこちら

screenshot

スクリーンショット禁止アプリでも撮れた

※念のためモザイクを入れていますが、実際にはスマホの画面に表示されたとおりに取得できています

Googleアシスタントでスクリーンショット取得するための設定

Googleアシスタントの初期設定ではスクリーンショットは利用できないようになっているので、利用できるように設定する必要があります。

設定方法
  1. 端末の設定画面を起動する
  2. [Google]をタップする
  3. [検索、アシスタントと音声]をタップする
  4. [Google アシスタント]をタップする
  5. [アシスタント]タブをタップする
  6. [スマートフォン]をタップする
  7. [Google アシスタント]がONになっていなければONにする
  8. [画面のコンテキストを使用]をONにする
google_assistant_001

1. 端末の設定画面を起動する

google_assistant_002

2. [Google]をタップする

google_assistant_003

3. [検索、アシスタントと音声]をタップする

google_assistant_004

4. [Google アシスタント]をタップする

google_assistant_005

5. [アシスタント]タブをタップする

google_assistant_006

6. [スマートフォン]をタップする

google_assistant_007

7. [Google アシスタント]がONになっていなければONにする

google_assistant_008

8. [画面のコンテキストを使用]をONにする

スクリーンショットが禁止されたアプリのキャプチャを撮る

キャプチャ取得方法
  1. スクリーンショットを撮りたいアプリを前面にする
  2. 端末のホームボタンを長押ししてGoogle アシスタントを起動する
  3. 音声でもキーボード入力でも良いので「スクリーンショットを撮って」とアシスタントにお願いする
  4. 「編集または共有」というメニューが出るので保存先・共有先を指定する
google_assistant_009

9. アシスタントにお願いする

google_assistant_010

10. 保存先・共有先を指定する

アシスタントにお願いして撮ってもらったスクリーンショットは、通常のスクリーンショットとは異なり、即座に端末の内部ストレージに保存されません。

保存する場合は[ドライブへ保存]を選んで「Googleドライブ」に保存すると良いでしょう。

おわりに

アプリで設定されたスクリーンショット禁止機能を回避して画面キャプチャを取得する方法を紹介しましたが、参考になったでしょうか。

注意して頂きたいのは、アプリがスクリーンショットの取得を禁止しているのは、著作権の侵害などの犯罪を抑止することが目的の場合もあります。

禁止されていることを回避して本当に問題ないかを、あなた自身で判断してから行ってくださいね。

悪用厳禁ですよ。

IT系
楽天ポイントの計算って分かりづらいですよね?

「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのかわかりづらいですよね?

本ブログでは、検索結果の商品一覧に「購入時に付与されるポイントを差し引いた金額」を表示することで、実質価格がひと目でわかる楽天検索ページを公開しています。

検索結果からは、そのまま楽天の商品ページに移動できるようになっていて、Amazon検索も可能なので、ぜひ利用してください。

おれんじあんてな