【失敗談】冷却ジェルまくらと保冷剤は別物だとわかった

me.png

こんにちは「おれんじ」です。

深く考えずに良かれと思ってしたことから、起こってしまった私の失敗談です。





暑い夜

TAKEBE160224290I9A0418_TP_V

その日は、暑く寝苦しい夜でした。

快適な睡眠を得るためには、体温に勾配が必要です。

冷蔵庫で凍らせてあった保冷剤をタオルに巻いて枕の上におき眠りました。

ちなみに快適な睡眠について知りたい方は、以下の記事を読んでください。

質の良い睡眠を確保するためにすぐに始めたい4つの習慣
「布団に入っても眠れない」「眠ったはずなのに疲れが取れない」こういう悩みを抱えていませんか? 本記事では、すぐに始められる快眠する方法...

朝に違和感

N912_atamawokakimushiru_TP_V

快眠効果で朝までぐっすり眠りました。

しかし目が覚めときに後ろ髪がぬれているような違和感を感じたんです。

「なんだろう?」

髪をさわってみると…

なんと「後ろ髪がぬれていました」

そう、感じた違和感そのままでした。

なぜ濡れた?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

私が眠っている間に何が起きたのでしょう?

現状を確認するために布団や枕、寝巻の状態を確認しました。

濡れているのは後ろ髪と枕です。

しかも濡れている場所は少しヌルヌルしていました。

すぐに理解しましたよ。

「保冷材の袋がやぶれて中身が出たんだ」と。

保冷材がいけなかった

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

私が枕にしていたのは、氷枕や冷却ジェルまくらといったものではなかったのです。

なにかというと…

「デパ地下でスイーツを買ったときに入れてもらった保冷材」ですっ!!

上にものを置く使い方が前提ではないものなので、頭の重さに耐えられずにやぶれたんですね。

いや、凍ってるときはカチカチだから気付かなかったんですよ。

すべての謎が解けて、めでたしめでたし

えぇ急きょ洗濯機をまわしましたよ

おわりに

YUKA963_yubisasubiz15202332_TP_V

正しい睡眠について記事を書いていたにも関わらず、正しい道具を使わなかったための失敗でした。

今回はたいした被害はありませんでしたが、道具はよく考えて使わないと酷い目にあうかもと反省したのでした。

まだまだ暑い夏が続くので、この機会にきちんとした冷却ジェルまくらを使用しましょうね。

このページの本文で紹介した記事

質の良い睡眠を確保するためにすぐに始めたい4つの習慣
「布団に入っても眠れない」「眠ったはずなのに疲れが取れない」こういう悩みを抱えていませんか? 本記事では、すぐに始められる快眠する方法...

関連コンテンツ

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです。

    お得な生活をはじめましょう

    「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのか判りにくいですよね。

    そこでポイントを引いた実質価格で商品検索できるページを公開しました。

    楽天の実質価格検索・Amazon比較−楽天ポイントの計算はおまかせ

    楽天でのお買い物やAmazonとの価格比較をする際には利用してくださいね。

    もしもアフィリエイト』は、当サイトおすすめの広告発行サイトです。

    Amazon・楽天はもちろん、登録すれば様々な商品の広告が発行できます。

    登録・年会費は無料で、商品を自己購入する以外でお金は掛かりません。

    Amazonなどでは見かけない珍しい商品も多数あるので、広告を眺めているだけでも楽しいですよ。

    あなたも趣味のブログでお小遣いを稼ぎましょう。