広告の仕組みは?アプリからの注文に関して問い合わせました

IT系

me.png
こんばんは「おれんじ」です。

このブログでは、おすすめしたいと思う商品があればAmazonや楽天の広告を貼って紹介しています。

ブログに広告を貼る際には掲載のルールに従う必要があって、その仕組みを理解していないと思ってもいない違反をしてしまう可能性があるんですが……

……わたし違反してしまいました。

という訳で今回は、わたしの理解不足から発生したトラブルのお話です。

ブログを運営する方だけでなく、ネットショップを利用する方にも参考になればと思います。

広告システム

今回の話はブログを運営していない方にはピンとこないと思うので、簡単にネット広告のシステムについて説明します。

Amazonや楽天には、ブログで商品を紹介できる広告システムが用意されていて、自分の紹介したい商品の広告をつくることができます。

こんな感じに広告を貼って商品を紹介すると、売れた場合には購入額の1%程度を紹介料としてもらうことができるんです。

  1. ブログにある商品紹介のボタンから、Amazonや楽天で買い物をしてもらう
  2. Amazonや楽天から数十円もらう
  3. 嬉しくなってもっと紹介する

このような流れが期待されているわけですね。

広告掲載のルール

こういった広告から購入すると購入者に損があると疑う方も多いですが、直接Amazonや楽天市場へ行っても、ブログの広告から買い物をしても、購入者の負担は変わりません。

紹介料はAmazonや楽天が負担します。

そのためブログに広告を貼るためには、絶対に守らなければいけないルールが設けられているんです。

そのルールとは……

自分が購入するときに、自分のブログの広告から購入してはいけない

商品の紹介にもならないし、購入者に負担がないのでAmazonや楽天が一方的に損をするだけになってしまうからあたり前ですね。

そのため、わたしは自分のものを購入するときは、その商品について参考になる情報を紹介している他のサイトの広告から購入するんです。

自分のブログからは購入はできませんし、他のブログから購入しても自分の負担はないことを知っています。

だったら参考になったブログから購入した方が、また良い情報を書いてもらえるかもしれないですからね。

みんながそうしてくれれば、いつか自分のブログのも利用されるかもしれませんから。

……そう、わたしのブログの広告からは、まだ成果が出たことがないんです。

初めての発生

そんなわたしのブログにも、ついに楽天の広告から発生しました。

うちのブログの場合は「もしもアフィリエイト」というASP(広告代理店)を介して楽天の広告を掲載していますので「もしも」からのメールで発生に気がついたんです。

「紹介した記事が誰かのためになったんだなぁ」

そう思ってうれしくなっていたのですが、落ち着いて考えると少し違和感を感じました。

「あれ?このタイミングって……」

ストライダーキャリーバッグとニーパッドを購入-使用感は? で紹介したストライダー用のキャリーバッグとニーパッドを、わたしが楽天で購入したタイミングではないのか?

そう思ってちょっと調べてみると……

やっぱり、わたしが自分で購入した内容が反映されてしまっていました。

意識していなかったとはいえ、完全にルール違反をしてしまったのです。

謝罪と再発防止

信頼を裏切ってしまっては今後、胸をはって商品紹介をすることができなくなってしまいます。

たったの数十円のために、広告主や読んでくださっている方と真っ直ぐ向き合えなくなってしまうのは本意ではありません。

たとえ数十円でもだまし取ってしまうことになってしまうので、謝罪をすることにしました。

また、なぜ今回のようなことになったのか判らなかったので、注文時の詳細を伝えて再発防止のために必要なことの質問も同時にすることにします。

まずは状況の説明と謝罪のため「もしもアフィリエイト問い合わせ窓口」の「マーチャントへのご要望」から、以下の内容を送信しました。

お世話になっております。

サイト名:オレンジアンテナの運営をしている ■ ■ と申します。

今回、わたしの認識の誤りからか、自己購入による成果が発生してしまっているようです。

そのため、状況の報告と改善策に関する質問をさせて頂きたいと思い、問い合わせをさせて頂きました。

お手数をおかけしますが、ご確認、宜しくお願いいたします。

【概要】
広告と紹介サイトの紐づけに使用するブラウザのCookieは「楽天アプリ」にも有効なのでしょうか。

【詳細内容】
スマートフォンの「楽天アプリ」から商品を注文したのですが、 自身のサイトの動作確認時に楽天広告のリンクを踏んだ内容が影響して 成果が発生してしまっています。

自己申し込みを避けるために注文は「楽天アプリ」を使用したのですが、 広告との紐づけはブラウザが持っているCookieという認識が誤っていたのでしょうか?

ブラウザが持っているCookieならばアプリで注文すれば問題ないと判断したのですが、 結果的に成果として発生してしまっています。

ブラウザ(Chrome)で広告を踏んでしまうと、アプリでも成果となってしまうということだと思うのですが、 回避する方法はありますでしょうか?

以下に今回の注文手順と内容を記載しますので、ご確認を宜しくお願いいたします。

【注文手順】
PC:Firefox(自サイトの広告Cookieが残っていたかは不明)

android:Chrome (Cookie付)+楽天アプリ

1. PCのFirefoxから楽天市場にログイン

2. 対象の商品をお気に入りに追加

3. androidスマートフォンの楽天アプリで、お気に入りからカートに入れる

4. 楽天アプリからそのまま注文

【結果】
スマートフォン のCookie付きのブラウザ(Chrome)は使用していないのに成果が発生してしまった。

【確認内容】
この件はどこに問題があったのでしょうか?

  • PCでお気に入りに入れたときにFirefoxに保存されていたCookieが効いてしまった?
  • スマートフォン の楽天アプリがChromeの Cookieを参照している?
  • スマートフォン の楽天アプリはCookie以外の広告クリック情報を参照している?

また、今後わたしがこのような問題を発生させないためには、スマートフォンの「楽天アプリ」からの注文時に、どの情報を削除する必要がありますでしょうか。

(ChromeのCookieでしょうか?またはそれ以外もでしょうか?)

——————————

サイト名

オレンジアンテナ

店舗コード

■ ■ ■ ■ ■ ■

成果発生日時

2016/ ■ ■ / ■ ■ ■ ■ : ■ ■

広告クリック日時

2016/ ■ ■ / ■ ■ ■ ■ : ■ ■

注文金額

¥ ■ , ■ ■ ■

報酬額

¥ ■ ■

——————————

お手数をおかけしますが、 ご回答と上記発生内容の否認を宜しくお願いいたします。

そう、今回の注文は他の方のサイトからではなく「楽天アプリ」からの注文だったんです。

月の最初の注文だけは、獲得できるRポイントアップのために 「楽天アプリ」から注文していたのです。

アプリからの注文のため、ブラウザで広告をクリックした内容は関係ないと思って、自分のブログに貼った広告をテストでクリックしていたまま注文しちゃったんですよね。

回答の内容

数日して「もしもアフィリエイト」のサポートデスクから、以下の回答をいただきました。

お問い合わせ下さいました件、下記に回答させていただきます。

サイト(ブラウザ)とアプリの紐付けは、
どちらにおいても楽天アカウントでログインをしていると実行されます。

ログインしていないと紐付けはされません。

つまりアプリから注文するときはブラウザでログアウトしておかないと今回のように広告クリックの内容が反映してしまうということだと思います。

ログイン状況もCookieを使っていると思うのですが、 まだ詳しく調べていないのでよくわかりません。

よくわかりませんが、調べる足掛かりとなる情報を得ることができたのはよかったと思います。

実際、問い合わせをする前に、ブラウザの Cookieとアプリの関係を調べたのですが、はっきりとした情報は出てこなかったんですよね……

<2016/12/12 追記>
「ログイン状態」というキーワードを足掛かりにして調べてみて「セッションID」で管理してる気がしてきました。

おわりに

今回のことからスマートフォンでの広告は、使用しているブラウザだけで完結しているのではないことがわかりました。

仕組みを正しく理解していれば、このような失敗をなくせますし、読んでくれる方によりよい紹介の仕方を考えることもできると思いますので、この情報がそういった役に立つことを期待します。

最後になりますが、今回はわたしの理解不足からご迷惑をお掛けした楽天および 「もしもアフィリエイト」のサポートデスクの方々、大変申し訳ございませんでした。

参考にしてくださる読者の方が安心して使用できるように、正しく理解して広告を取り扱うことを心がけます。

IT系
楽天ポイントの計算って分かりづらいですよね?

「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのかわかりづらいですよね?

本ブログでは、検索結果の商品一覧に「購入時に付与されるポイントを差し引いた金額」を表示することで、実質価格がひと目でわかる楽天検索ページを公開しています。

検索結果からは、そのまま楽天の商品ページに移動できるようになっていて、Amazon検索も可能なので、ぜひ利用してください。

おれんじあんてな