半額?広告の品?それって本当にお得?とびつく前に考えよう

me.png

こんにちは「おれんじ」です。

買い物する時に目にする「半額」「広告の品」といった文字

ついお得な気がして、買ってしまったという経験があなたにもありませんか?

それって本当にお得だったのでしょうか?





安くなる理由

calculator-428294_640

品物が安くなるのには当然、理由があります。

「安い理由」ではなく「安くなる理由」です。

例えば、スーパーで売っている刺身やお惣菜は、閉店時間に近づくにつれて割引されていきます。

鮮度や状態が時間と共に変化してしまうからです。

安くなる理由がはっきりしているので、あなたも納得して購入するか検討するでしょう。

バーゲンも季節の変わり目ということで、理解できますよね。

普段の価格は?

YUUKI150321200I9A4368_TP_V

割引の表示がされているその商品、普段はいくらで売られているか知っていますか?

日用品なら把握しているかもしれませんね。

では例えば「スーツ」はどうでしょうか?

普段から買うのではなく、必要に迫られて買う事が多いと思います。

スーツは電化製品のように、それぞれのお店で同じものを扱っているわけではないので、判断しづらいです。

その割引の文字は本当でしょうか?

常に割引表示されてないでしょうか?

少し考えた方が良いかもしれません。

広告の品

DSC_1217

あなたがよく行くお店の商品棚に「広告の品」という表示はありませんか?

そういう表示があると「お得なのかな?」と思って手に取ってしまいますよね?

「広告の品」は本当になお得なのでしょうか?

その答えは上の画像を見ればわかります。

広告の品の下にある普段の値札と価格が同じですよね。

「広告の品」はあくまでも「広告に載せた品」であって「値下げした品」ではないことがわかります。

もちろん安くなっている物もありますけどね。

必要なものはついていますか?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

少し話はズレてしまうかもしれませんが、複数のお店を比較して「このお店は安い」と買うお店を決めることがあると思います。

そのお店で買った場合、必要なものはついていますか?

安い代わりに保証がついていなかったりしませんか?

保証はいらないと判断して買うのなら問題ありませんが、見落としていたら問題です。

いざというとき保証が受けられず、余計に高くつくこともあります。

公式のストアは少し高いですが、そういった不安がないので、買うものによっては公式を選んだ方が良いです。

おわりに

shopping-874974_640

参考になったでしょうか?

お店としては嘘は言っていないのでしょうが、紛らわしい表現が溢れています。

そういった表示に惑わされないように気をつけましょうね。

関連コンテンツ

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです。

    お得な生活をはじめましょう

    「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのか判りにくいですよね。

    そこでポイントを引いた実質価格で商品検索できるページを公開しました。

    楽天の実質価格検索・Amazon比較−楽天ポイントの計算はおまかせ

    楽天でのお買い物やAmazonとの価格比較をする際には利用してくださいね。

    もしもアフィリエイト』は、当サイトおすすめの広告発行サイトです。

    Amazon・楽天はもちろん、登録すれば様々な商品の広告が発行できます。

    登録・年会費は無料で、商品を自己購入する以外でお金は掛かりません。

    Amazonなどでは見かけない珍しい商品も多数あるので、広告を眺めているだけでも楽しいですよ。

    あなたも趣味のブログでお小遣いを稼ぎましょう。