プラスチック容器の油汚れを二度洗いせずにキレイに落とせた

生活術

me.png
こんばんは「おれんじ」です。

プラスチック製の弁当箱を使っているのですが、いつも油汚れがキレイに落ちなくて二度洗いしていました。

二度洗いしなくてもキレイに落とせたので紹介します。

なぜ落ちにくいのか

脂ものを入れたプラスチックやシリコンの容器って、洗っても油汚れが残りますよね。

とくに容器の角とか二回洗いでも落ちない時もあります。

なぜプラスチックやシリコンの容器は油汚れが落ちにくいのか?

それはプラスチックやシリコンが油との親和性が高いためです。

「親和性が高い」っていうのは、分子がくっつきあう性質を持っているという事です。

洗剤を石鹸にした

そんなプラスチック容器を、二度洗いしなくてもキレイに落とせた方法です。

台所洗剤を石けんに変えました。

それだけです。

この効果を目当てに変えたわけではないのですが、石鹸に変えたら二度洗いしなくてよくなりました。

石鹸おすすめです。

おすすめなので石鹸について書きます。

石鹸の使い方

スポンジを濡らして、石鹸をこすりつけます。

そして、スポンジをワシワシにぎって泡を立てます。

食器を洗います。

この泡が重要です。

泡で汚れを浮かせると、汚れの落ち方が違います。

泡立ては必須です。

覚えておきたい事

台所石けん

「石鹸」と聞いて思い浮かべるのは、体を洗う浴用石鹸ではないでしょうか?

浴用石けんや化粧石けんには香料が含まれていて、食器に香りがついてしまいます。

台所で使う石けんは香料が入っていない台所石鹸を使いましょう。

ケイ酸塩配合の石けんは強力

ケイ酸塩配合の石けんは汚れの落ちが良いのでおすすめです。

しかし手の皮脂まで落ちてしまうので、肌が弱い人は無添加の石けんを使った方がいいです。

使用後は、ハンドクリームでケアしましょう。

液体石けんは使わない

液体石けんは使いやすいのですが、汚れの落ちが悪いです。

固形か粉の石鹸を使いましょう。

切り替えた最初はヌルつくこともある?

洗剤から石鹸に切り替えたとき、洗ってもヌルヌルすることがあるそうです。

合成洗剤の膜が原因ということで、しばらくするとなくなります。

おわりに

プラスチックの油汚れに悩まされ続けていましたが、ちょっとしたことで解決してしまいました。

同じ悩みを抱えている方は、この機会に石けんを試してみてはいかがでしょうか。

生活術
楽天ポイントの計算って分かりづらいですよね?

「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのかわかりづらいですよね?

本ブログでは、検索結果の商品一覧に「購入時に付与されるポイントを差し引いた金額」を表示することで、実質価格がひと目でわかる楽天検索ページを公開しています。

検索結果からは、そのまま楽天の商品ページに移動できるようになっていて、Amazon検索も可能なので、ぜひ利用してください。

おれんじあんてな