ICカード定期券なら6ヶ月を買えば間違いない4つの理由

me.png

こんばんは「おれんじ」です。

通勤・通学の定期を買うときに、何ヶ月分買えばいいのかわからないという方

ICカード定期券なら6ヶ月を買っとけば間違いないですよ。

その理由をお教えします。





6ヶ月だと割安

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V

実際に比較してみれば一目瞭然です。

JRの横浜~東京間の定期代を参考に見ていきましょう。

横浜~東京(JR)

片道 464円
往復 928円

購入期間1ヵ月3ヵ月6ヵ月
金額13,900円39,610円66,700円
6ヶ月間の金額83,400円79,220円66,700円
1ヶ月定期×6との差額0円4,180円16,700円
元が取れる使用回数(6ヵ月)90往復86往復72往復

パッと見てわかることは、6ヶ月間まとめて買うと1ヵ月定期一回分以上お得になるという事です。

切符を毎回買う事と比較した元が取れる使用回数が、半年で18往復もちがいます。

月の出勤・通学日数を20日として考えてみても、1ヵ月分ちがいますね。

安いから」これが6ヶ月定期を買う理由です。

失くしても再発行できる

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

「6ヶ月定期を失くすとリスクが大きいから、3ヶ月にしておく」

このような事をよく聞きますが、それって磁気定期の話ですよね。

SuicaやPASMOなど殆どのICカード定期券は、データは別に管理されています。

紛失してたら主な駅やバス営業所に申し出れば、失くしたカードのデータを引き継いで再発行できます。

紛失再発行には、氏名・生年月日・性別情報が必要です。

「無記名」カードでは、再発行できませんが、定期の場合は発行時に登録しているはずなので問題ありません。

Suicaの場合、再発行手数料510円と、新しいカードのデポジット500円しか掛かりません。

失くしたカードが見つかった場合は、古いカードを返却してデポジット500円を返金できます。

なので、ICカード定期券は1ヶ月でも6ヶ月でも紛失したときの損失は同額です。

そもそもそんなに失くす?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

定期券を失くす心配をする人はよくいますが、失くした経験がある人はごく少数しか知りません。

そんなに失くすものですか?

今のICカード定期券は磁気カード定期券とちがい、自動改札を通過するときも手から離しません。

つまり取り忘れはないです。

可能性としては、荷物の出し入れの時に落とすなどでしょうか。

落としたとしても、先に書いたように再発行だけ考えれば損失は一律「1,100円」です。

割安の項目で挙げた例だと、6ヶ月定期は1ヶ月より「16,700円」お得でした。

16700 / 1100 = 15.18181818

この例だと半年間で15回失くすと1ヶ月定期を買ったのと同じ金額が掛る事になります。

半年間で15回ですよ?

2週間に1回以上のペースですよ、そんなに失くします?

そんなペースで失くしてたら、1ヶ月定期だって失くしますよ。

1ヶ月定期との差額が大きければ大きいほど、失くした時の事を考えると6ヶ月定期にするべきだと言えます。

払い戻しもできる

DSC_1211

期間の途中で使わなくなってしまう可能性もあるかもしれません。

だから小さく刻んで買うよと。

これも誤りです。

定期券は期間が残っているのに使わなくなってしまった場合、払い戻しができます。

この場合、残り期間が1ヶ月を切っていると消滅してしまいますが、残っていれば1ヶ月単位で払い戻せます。

Suicaの場合、手数料が「220円」掛かる程度でした。

使わなくなる事がわかっているならともかく、可能性だけで考えているなら6ヶ月定期を買っても安心なのです。

まとめ

YUKA963_yubisasubiz15202332_TP_V

理解していただけたでしょうか?

「失くす心配があるから3ヶ月」

この考え方は磁気カードの定期券の話です。

昭和です。

ICカード定期券では、こうです。

失くす心配があるなら、金額的にお得な6ヶ月

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです。

    お得な生活をはじめましょう

    「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのか判りにくいですよね。

    そこでポイントを引いた実質価格で商品検索できるページを公開しました。

    楽天の実質価格検索・Amazon比較−楽天ポイントの計算はおまかせ

    楽天でのお買い物やAmazonとの価格比較をする際には利用してくださいね。

    もしもアフィリエイト』は、当サイトおすすめの広告発行サイトです。

    Amazon・楽天はもちろん、登録すれば様々な商品の広告が発行できます。

    登録・年会費は無料で、商品を自己購入する以外でお金は掛かりません。

    Amazonなどでは見かけない珍しい商品も多数あるので、広告を眺めているだけでも楽しいですよ。

    あなたも趣味のブログでお小遣いを稼ぎましょう。