ストライダーキャリーバッグとニーパッドを購入-使用感は?

ハンドルバーのクッション

me.png

こんばんは「おれんじ」です。

練習のたびに子供の学習の早さと無鉄砲さに驚かされている「ストライダー」のお話です。

前回の練習の後に注文した「キャリーバッグ」と「エルボー&ニーパッド」が届きしましたので、今回はその使用感などを中心に書きます。

前回の内容はストライダーの練習は始まったばかりで問題点が山積みですを見てください。





キャリーバッグ

ストライダーの運搬用に購入した「キャリーバッグ」です。

キャリーバッグ

キャリーバッグ

「徒歩での移動の際に、ストライダーを抱えながら子供と手をつなぐと歩きにくい」

という理由で購入しました。

購入した商品はこちらになります。

ストライダー用の製品ということで、サイズは当然ピッタリで肩に掛けるベルトも長さの調節ができるので安定して運ぶことができます。

安定しているので手で持つよりも、ずっと軽く感じました。

子供と手をつなぐジャマにもなりませんし、両手が自由になるので突然の「だっこ」要求にも対応できます ^_^;

ちょっと使いにくいと思ったのは、ストライダーを入れるときにハンドルがクルクル回ってしまうのと、ソフトカバーということで入れる部分がフワフワと安定しないのとでスマートに収納しにくいことですね。

家でするならいいんですが、練習後に外で子供の様子を確認しながらとなると、なかなかストレスでした。

慣れるかな?

あと背負っているときの注意点として、斜めがけにすると自分の横幅が広くなっていることを意識してください。

これを忘れて子供と手をつないだ状態で振り向いたら、子供が泣きだしました……

背負っているストライダーが頭にあたったみたいです ^_^;

人が多いところを歩くときにも注意が必要ですね。

POINT
  • 軽く運べる
  • 両手が空く
  • 少し収納しにくい
  • 斜め掛けだと横幅がある

エルボー&ニーパッド

エルボー&ニーパッド

エルボー&ニーパッド

続きまして「エルボー&ニーパッド」です。

こちらは

「転びながら覚えることが多そう」

という理由からの購入です。

「小さいケガはいっぱいした方が、大きなケガをしなくなる」

そうは思うのですが、やっぱり可哀想ですからね。

購入した商品はこちらになります

装着方法は肘や膝にあてがってから、マジックテープのベルトで固定します。

腕や脚を通すのではなかったので、子供もすんなり着けてくれました。

幼児がプロテクターを装備すると、なんか丸っこくて可愛いです ^_^

という訳で、いざ練習っ!!

今回は転んで覚えるために、軍手も装備しました。

「さぁ、いくらでも転んでいいぞっ!!」

そう思いながら、支えずにニヤニヤ眺めていたのですが……

……転ばない

上手になってる。

結局、今回の練習では転ぶことがありませんでした。

いまはサドルに座った状態で「歩いている」ので簡単に慣れちゃったみたいですね。

そのうち「シャーーーッ」っと乗るようになって「ガチャーーーンッ」ってなるでしょうから、役に立つのはそのときかな?

まぁ、いつ「シャーーーッ」っとやりだすか判らないので今後も装備だけはさせますけどね。

POINT
  • 装着は簡単
  • またがって歩いている間は必要ないかも
  • 役に立つタイミングは子供次第
  • 装備すると可愛い

おわりに

ストライダーのアクセサリー製品の紹介でしたが、参考になったでしょうか?

説明が抜けていましたが、わが家のストライダーは「ストライダー スポーツモデル」です。

ちなみに今回、子供がボール遊びをしたくなってしまって、練習自体は短く切り上げました。

ではでは

このページの本文で紹介した記事

ストライダーの練習は始まったばかりで問題点が山積みです

気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです。

    お得な生活をはじめましょう

    「楽天市場」のポイントって実際にどれだけお得なのか判りにくいですよね。

    そこでポイントを引いた実質価格で商品検索できるページを公開しました。

    楽天の実質価格検索・Amazon比較−楽天ポイントの計算はおまかせ

    楽天でのお買い物やAmazonとの価格比較をする際には利用してくださいね。

    もしもアフィリエイト』は、当サイトおすすめの広告発行サイトです。

    Amazon・楽天はもちろん、登録すれば様々な商品の広告が発行できます。

    登録・年会費は無料で、商品を自己購入する以外でお金は掛かりません。

    Amazonなどでは見かけない珍しい商品も多数あるので、広告を眺めているだけでも楽しいですよ。

    あなたも趣味のブログでお小遣いを稼ぎましょう。